ミネラルウォーターとピュアウォーターとの違いって?

ミネラルウォーターとピュアウォーターとの違いって?

普段、私達がお店で買って飲んでいる「ミネラルウォーター」は、どんなお水なのかご存知の方がほとんどだと思います。
でも、「ピュアウォーター」と呼ばれているお水は、一体どんなお水なのかご存知ですか?それでは、ミネラルウォーターとピュアウォーターとの違いには、どんなことがあるのでしょう。
ピュアウォーターとは、その名前の通り、「純水」です。
通常の水を逆浸透膜システムによって分子レベルにまで徹底的にろ過して作られた不純物を一切含んでいないお水のことをいいます。
一方、ミネラルウォーターは、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、バナジウムなどの人の体に必要な成分であるミネラル分が含まれているお水です。
そのミネラルの含有量によって、「硬水」と「軟水」に分けられています。
ミネラル分の高い硬水は、一般的に口当たりに癖があり、日本人には向かないと言われていて、逆に、ミネラル分の低い軟水は、一般的に口当たりが柔らかく日本人に好まれているのです。
しかし、ピュアウォーターはミネラル分なども取り除いた純粋なお水ですので、口当たりに癖がなく無味無臭ですので、誰にでも飲みやすいお水となっています。
また、不純物を徹底的にろ過しているので、安全性についても高く評価されているようです。
海外では、ミネラルウォーターとピュアウォーターのシェアは互角ともいわれていて、ヨーロッパなどでは癖のある硬水よりも、ピュアウォーターの方が好んで飲まれているといった話もあります。

ミネラルウォーターとピュアウォーターとの違いって?関連ページ

硬水と軟水の違いとは?
温泉って飲める温泉がある?