硬水と軟水の違いとは?

硬水と軟水の違いとは?

水の分類法の一つに、「軟水」と「硬水」に分ける方法があります。
よくミネラルウォーターにも表記されていますので、一般的にも馴染みがあると思いますが、一体何を基準にして分類されているのか御存知でしたか?
これは「硬度」と呼ばれている、水の中に含まれているカルシウム濃度、及びマグネシウム濃度によって分類されています。
分類される基準は、国によっても異なりますが、おおよその目安として、硬度100以下であれば「軟水」、101〜300は「中硬水」、300以上が「硬水」と言えるでしょう。
硬水に多く含まれているカルシウムやマグネシウムは、地下の岩石等から長い時間を掛けて溶け出したものです。
故に、石灰岩地質であり、地下への滞留も長いヨーロッパ大陸の地下水は硬度が高くなるのです。
反対に、日本のような島国では地下への滞留が短い為、地下水の硬度は低くなる傾向にあります。
このような理由から、日本人は昔から軟水を飲用していて、今でも軟水が好まれている訳です。
軟水は口当たりがまろやかで、素材やダシの旨みを引き出しやすく、料理に適している水だと言えます。
繊細な日本料理が生まれたのも、素材そのものの味を上手に生かしてくれる軟水のお陰かもしれませんね。
ヨーロッパで多く飲用されている硬水は、淡白な和食料理には苦味やえぐみが強調されて不向きですが、肉料理やパスタを茹でる際には適しています。
また、健康維持の為に飲用されている方もいるようです。
この二種類の水を上手に使い分け出来るといいですね。