アルカリイオン水は本当に健康になる?

アルカリイオン水は本当に健康になる?

アルカリイオン水って、よく耳にしたり、目にしたりしますよね。
その謳い文句には、体にいいお水とか、料理が美味しくなるお水などとありますが、本当にアルカリイオン水を飲むと健康になれるのでしょうか。
まず、アルカリイオン水を飲むと健康になれるかどうかの前に、アルカリイオン水とは一体どういったお水なのかご存知でしょうか。
アルカリイオン水には、直接採取される物もありますが、アルカリイオン整水器からも作ることができる、その名の通り、アルカリ性を示す電解水の一つです。
アルカリイオン水を飲むことで、胃腸の働きを整えてくれたり、活性酸素が除去されて体の老化を防ぐ働きがあったりすることも、様々な機関の実験で証明されているようです。
ただし、このような効果を期待するためには、一日に最低二リットルは摂取するようにし、しかも、長い期間飲み続けることが必要となってきます。
また、酸化還元電位の強いアルカリイオン水でなければ、その効果も小さくなるでしょう。
このように、アルカリイオン水が体にいいということは間違いなさそうですが、その効果を実感するためには根気が必要なようですね。
それに、もし、家庭で浄水器を付けてアルカリイオン水を作る場合には、信頼できるメーカーの物を選ぶようにしてください。
アルカリイオン水は、水道水に含まれている塩素などが除去されるため、飲むと美味しく感じられ、料理に使用すると旨みが増してまろやかになりますよ。

アルカリイオン水って体にいい?

アルカリイオン水とは、アルカリ性を示す水のことで、直接採取されるか、アルカリイオン生成機で作られます。
アルカリイオン生成機は家庭用も普及しているため、アルカリイオン水は家庭でも生成できるとてもポピュラーな水です。
アルカリイオン水が浸透するようになったのは昨今ですが、実はこのアルカリイオン水、意外に歴史が古く、そして発明したのは日本なのです。
アルカリイオン水の研究がスタートしたのは1945年。
植物への影響を研究することが目的でした。
それが人間の体にいいことがわかり、現在のようになったというわけです。
そんなアルカリイオン水ですが、果たして人間の体に本当にいいものなのでしょうか。
答えはYES。
アルカリイオン水には、健康のためのさまざまな効果が期待できますが、特に期待できるのが、胃腸症状の改善です。
慢性の下痢はもちろん、消化器官の不調、胃もたれを改善し、胃腸の働きを助け、便秘の改善も期待できます。
アルカリイオン水には、天然のものとアルカリイオン生成機で作られたものの2種類がありますが、その違いは、アルカリ性を維持する期間。
アルカリイオン生成機で作られた水では、アルカリ性の維持がごく短い時間です。
そのため、生成してすぐに飲むことをオススメします。
一方、天然アルカリ水は、かなり長い期間アルカリ性を維持しています。
自然の中で作られた水はやはりすごいですね。
なお、アルカリイオン水は、薬と一緒に飲むのは控えてください。

また、無酸症の人は飲用しないように。
持病のある人や体が弱っているときは、医師に相談してから飲むようにしましょう。