マイナスイオン水って何?

マイナスイオン水って何?

「マイナスイオン」という言葉を私達はよく耳にしますよね。
このマイナスイオンは自然の空気中に多く含まれていて、リラックス効果はもちろんのこと、新陳代謝を活性化させて細胞の老化を防いでくれる働きもあります。
滝や川といった水の多くある所へ行くと、不思議とリラックスできるのは、理に適っているといっても良いでしょう。
それでは、「マイナスイオン水」とは一体どんなお水なのでしょうか。
マイナスイオン水とは、この自然界にあるマイナスのイオンを帯びた水のことです。
一般的には、「電極石」と呼ばれているトルマリン石やセラミックなどを通常の水につけておくと、その中で電気分解を起こしてマイナスイオン水を作ることができます。
マイナスイオン水は体に吸収されやすくなり、また、phが若干アルカリに傾くようです。
マイナスイオン水の効果としては、血液の循環を良くして新陳代謝を活発にさせたり、脳神経の興奮を抑えてストレスの解消に役立ったり、胃腸の働きを良くしたりなどといわれていますが、科学的にきちんと証明されている訳ではないようです。
もしも、業者に頼んで自宅の水を全てマイナスイオン水にしようと考えているのであれば、高額な工事費用を支払う前に、まずはペットボトルの飲料水にトルマリン石などを入れて、自分でマイナスイオン水を作って試してみることをお勧めします。
実際にしばらく飲み続けてみないと、その効果というものは実感できないでしょう。