RO膜水は体にいい?

RO膜水は体にいい?

RO膜水のRO膜とは、ほとんど水分子しか通さない超極小の穴が多数あいてる濾過用の膜の一種。
逆浸透膜(ぎゃくしんとうまく)ともいい、どんな水からでも、綺麗で安全な水を作り出すことが可能な優れた装置で、アメリカのNASAが開発したものです。
RO膜水とは、このRO膜を通って作られた水のことを言います。
RO膜は、ウイルスや細菌の除去はもちろん、通常のフィルターでは除去できない化学物質、福島の原発事故で問題となっているセシウムやヨウ素といった放射能でさえも除去できるのです。
つまり、RO膜水とは、まったく何も含まれていない超純粋な水というわけ。
そんなRO膜水の最大のメリットはというと、安全で清潔なこと。
しかし、あまりに性能が良すぎて、人間が生きていくうえで必要不可欠なミネラルまで除去してしまいます。
そのため、ミネラルウォーターなどと比べると栄養価が落ち、味もしません。
おいしい水というのとは、少し遠い存在になってしまいますね。
よく「RO膜水と天然水ではどちらがいいか」ということが言われますが、体に害がなく、きれいな水が飲みたいという人はRO膜水がいいでしょう。
一方、体に良くおいしい水が飲みたいという人は天然水ですね。
また、RO膜通過後、人工的にミネラル分を添加して、成分や味の調整が行われているRO膜水もあります。
安全性とおいしさの両方がいいと言う人は、このようなRO膜水を選ぶのもいいでしょう。