海洋深層水って何?体に良い?

海洋深層水って何?

海洋深層水というのは、200メートルよりも深いところの海水のことをいいます。
これは海洋学上ではなく、産業利用上の呼び名です。
海洋深層水の特徴としては、非常に深いところにあるため、化学物質などによる汚染の心配がない、ミネラルが豊富に含まれている、水質が安定しているなどがあげられます。
海洋深層水は、塩分を取り除いて飲料水や食品加工水としても使われていますし、化粧品の原材料やタラソテラピーなどにも利用されているのです。
魚介類の養殖にはもちろん、農業にも役立てられています。
中でも、海洋深層水の塩分を除去した飲料水は、バランスよくミネラルを摂ることができるので、健康志向の強い方に支持されているようです。
特に、便秘がちな方や高血圧の方、骨密度が気になる方にオススメでしょう。
海洋深層水の取水地として有名なのは、北海道の知床らうすや新潟県の佐渡、三重県の尾鷲、石川県の能登、富山県の入善と滑川、鹿児島県のこしき、高知県の室戸、沖縄県の久米島などです。
ハワイの海洋深層水も、そのイメージからか、人気を集めています。
海洋深層水を飲料用に購入するのであれば、取水地よりも硬度を確かめて購入した方が、口に合う水を選べるはずです。
硬度が高いとミネラルは豊富ですが、飲みにくくなります。
胃腸が弱い方の中には、便秘が解消するどころか、お腹を壊して下痢をしてしまう方もいるでしょう。
おいしいと感じるくらいの硬度の海洋深層水を体調と相談しながら飲むようにしてください。

海洋深層水は体にいい?

海洋深層水とは、水深が200m以上の深海に分布する水のことです。
海は水深が200mくらいになると太陽の光が海水に吸収され、届かなくなります。
それより深くなると、真っ暗な闇の世界になります。
この闇の世界に流れている水を海洋深層水といいます。
海洋深層水は、ずっと海の深くに存在しているのかというと、そうではありません。
海水は地球規模で大きく循環しているのです。
海水には、水温が高く、塩分濃度が薄ければ軽くなって表層を流れ、水温が低く塩分濃度が濃ければ深層へと沈むという作用があります。
要するに、赤道付近で表層を流れていた海水は、北大西洋のグリーンランド沖や南極付近で沈み込み、再び赤道付近を超えた北太平洋で上昇するという循環を繰り返しているのです。
この循環が1周するのに約2000年の月日がかかるそうです。
つまり、私たちが飲んでいる海洋深層水は、2000年かけて地球を循環してきた水というわけです。
気の遠くなるような年月をかけて循環している海洋深層水には、多くのミネラルが含まれています。
また、深海を流れていた水ですから、汚染の心配もありません。
海洋生物をはぐくむ無機栄養塩類も豊富に含まれています。
このような特徴のある海洋深層水には、血液をサラサラにし、血液の循環をよくする働きがあるとされているのです。
そのため、動脈硬化や高血圧、心筋梗塞、脳卒中の予防や冷え性、肩こりの改善などのほか、脂質異常症の予防や改善、アトピー性皮膚炎などにも良いとされています。
海洋深層水、健康のためにもぜひ毎日飲みたいですね。