浄水器の選び方って?

浄水器の選び方って?

浄水器の選び方としては、まず、どんな目的で浄水器を使うのか、どのくらいの量の水を浄水したいのか、予算はいくらなのかに合わせて検討する必要があります。
例えば、飲み水だけを浄水したいのであれば、ポット型の浄水器が価格的に手頃で使いやすいでしょう。
料理に浄水を使いたい場合には、蛇口直結型が便利ですね。
ただ、蛇口直結型の場合、一ヵ月から二ヵ月に一度のフィルター交換が必要になりますし、一度に浄水できる水の量が少なめだという欠点もあります。
蛇口直結型の浄水器は、ランニングコストは掛かってしまいますが、本体価格が安く手軽に設置できるため、最も一般的に普及しています。
蛇口直結型では満足できない場合には、据え置き型の浄水器を設置するケースも多いです。
据え置き型の浄水器の本体価格は、二万円くらいから三十万円くらいするものまであり、蛇口直結型と同様にフィルター交換が必要になるでしょう。
価格は高いものの、浄水能力は蛇口直結型とそれほど変わらないという製品もありますから、購入の際には慎重に検討した方がいいですね。
設置に工事が必要になりますが、流しの下に設置できて邪魔になりにくいビルトイン型の浄水器もありますし、セントラル型の浄水器なら家全体の水を浄水することができます。
浄水器を選ぶ際には、本体価格だけでなく、どんな方法で浄水するのか(フィルターのタイプ)、ランニングコストはいくらかなども比較検討しましょう。
中には、浄水効果が科学的に認められていない浄水器も販売されているので、注意が必要です。