やっぱり水道水は危険?

やっぱり水道水は危険?

やっぱり、水道水は危険なのでしょうか。
もちろん、水道水を飲んでいても、すぐに健康に被害が生じるわけではありません。
ただ、水道水には塩素が含まれていますよね。
塩素濃度は水源の水の状態にもよりますし、その日によっても違いますが、残留塩素が多いほど、将来ガンになってしまう可能性が高くなるでしょう。
また、体の中に入った塩素を中和するために体内のミネラルが使われてしまったり、塩素が腸内の菌を殺菌するともいわれています。
それに、未だに鉛管を使用しているケースもあり、水に鉛が溶け出してしまっている恐れもあるようです。
水道水を料理に使ったり、飲用するのであれば、塩素やトリハロメタン、鉛などの体に有害な物質を除去できる浄水器を設置した方がいいですね。
あまり安い浄水器をつけてしまうと、ほとんど浄水効果がないこともありますが、かといって、やたらと高額な浄水器をつける必要もありません。
手頃な価格で、しっかりと有害物質を除去してくれる浄水器を選ぶようにしてください。
近頃では、以前からいわれていた塩素や鉛といった有害物質の他に、水道水に放射能物質が混入する危険性も出てきました。
放射能物質は、一般的な浄水器では除去できないのです。
逆浸透膜ろ過方式の浄水器だったら、多少は放射能物質を除去できる可能性もありますが、家庭用のものでは100%除去することは難しいでしょう。
汲み置きをしておいて、水道局のサイトで確認して安全性を確かめるしかないです。