コーヒーがおいしく飲める水ってどんな水?

コーヒーがおいしく飲める水ってどんな水?

コーヒーに強い拘りを持っていらっしゃる方は多いと思いますが、その中でもコーヒーに使用する水はとても重要ですね。
水の選び方ひとつで、コーヒーの味や香りに多大な影響を与えると言っても過言ではないでしょう。
それでは、コーヒーがおいしく飲める水とは、一体どんな水の事を指しているのでしょう。
まず、コーヒーに含まれている苦味成分は硬度の低い軟水には溶けにくく、硬度の高い硬水には良く馴染む性質を持っています。
また、硬水に多く含まれているミネラル分であるカルシウムやマグネシウムは、コーヒーの主成分でもあるカフェインや良質のタンニンの抽出を妨げるとも言われています。
この事から、酸味をより感じマイルドなコーヒーを好んで飲みたい場合には軟水を、苦味の強いコーヒーを好んで飲みたい場合には硬水を利用すると良いでしょう。
コーヒーの香りに影響するのがカルキ臭ですが、これは水に含まれている塩素を取り除く事である程度解決します。
水道水を利用する場合には、水を一度沸騰させたり、活性炭が入っている浄水器を使用したりしましょう。
一般的には、軟水を利用した方がコーヒーの成分に影響を与えにくいとされていて、コーヒー豆そのものの味わいを楽しめると言われているようです。
国内で生産されているミネラルウォータのほとんどは、この軟水となっていますので、利用されると良いのではないでしょうか。
美味しいコーヒーを飲む為には、水も美味しくなくてはいけませんね。

コーヒーがおいしく飲める水ってどんな水?関連ページ

料理に使う水ならどんな水を選んだらいい?