むくみの人が飲むといい水って?

むくみの人が飲むといい水って?

むくみ、特に手足のむくみは、女性にとって悩ましいものです。
毎日の仕事や家事などでふくらはぎがパンパンにむくんでしまったり、手がむくんでしまったりと、疲れがむくみとなって表れてしまう女性は非常に多いと思います。
むくみやすい女性の中には、むくみは水分の過剰摂取によるものだから、水分を控えようと言って水分を制限してしまう人がよくいるようです。
でも、それは大きな間違いであり、逆に体にとって悪影響を及ぼしてしまいます。
むくみがひどいからといって水分を控えてしまうと、かえって水分濃度が高くなってしまい、リンパ液の流れが悪くなり、さらにむくみが悪化してしまうのです。
かといって、水分を多く摂り過ぎてしまうと、水分濃度が薄まってしまい、体内の水分バランスが崩れて、これもまたむくみが生じてしまいます。
人が一日に摂取する水分の必要量というのは決まっていて、食事中の水分を含めて、おおよそ1.5L〜2.0Lであると言われています。
なぜかというと、人は排便や排尿、汗などで一日に2L以上の水分を体内から排出しています。
ですので、排出した分の水分量をまた補わなければならず、それよりも摂取量が低下してしまうと水分不足になってしまうのです。
では、むくみにはどのような水が良いとされているかというと、むくみにはナトリウムとカリウムのミネラルバランスがいい水が効果的です。
しかし、水だけではなかなかバランスをとるのはむずかしいので、サプリメントを活用しながら上手に水分補給をするといいでしょう。