体にいい水とはどんな水?

体にいい水とはどんな水?

水は人間が生きていく上では必要不可欠なものであるということは、誰もが知っていることですね。
人間の体の60%以上が水分でできており、私たちは毎日2〜2.5リットルもの水分を汗や尿、涙などの形で排出しています。
ゆえに、毎日の生活の中で、水分、とりわけ水を摂取することは非常に重要なことといえます。
一説では、朝起きてすぐに飲むコップ1杯の水は脳梗塞の予防になるとか。
健康のためにも実践したいですね。
サラサラとした血液を実現するためにも水分の摂取は欠かせませんが、水なら何でもよいかというと、そうとも言えません。
一口に水と言っても、その種類はさまざま。
どうせ摂るなら健康に良い水を摂りたいですよね。
では、健康に良い水とはどのような水を言うのでしょうか。
まず挙げられるのが、ミネラルを十分に含んだ水であること。
カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムなどは、体にとって必要なミネラルです。
これらの成分がたくさん含まれているといいでしょう。
しかし、ミネラルが含まれているからといって、不純物が含まれていては何にもなりません。
例えば、水道水。
塩素やトリハロメタンが含まれています。
また、場合によっては、ダイオキシンなども。

これらは体にとっては有害な物質です。
健康のためには、不純物が含まれない水がいいのは言うまでもありませんね。
ほかに水の硬度が硬すぎないこと。
日本人は普段軟水を飲んでいるので、硬水を飲むと下痢などをすることがあります。
また、PH(ペーハー)は弱アルカリ性がGood。
そして、一番大事なことが毎日飲むことです。
水分は常に必要なもの。
毎日、健康に良い水を十分に摂るようにしましょう。